本島北部にあるプライベートリゾートビーチ!オクマビーチへのアクセス、食事、宿泊は?

オクマビーチは、沖縄本島の北部のリゾートホテルすぐ目の前のプライベートビーチです。沖縄本島の有名な観光地やビーチは旅行者で溢れていますが、実は本島の中でも穴場ビーチは多数あります。さらにリゾートビーチなのに穴場であったり、地元の人もほぼいない天然ビーチであったりと様々なビーチがあります。

オクマビーチを実際に利用してきましたので、周辺の食事、宿泊、シュノーケルのレンタル有無などをまとめましたのでぜひご覧ください!リゾート風プライベートビーチを探している方におすすめです!


オクマビーチの魅力を画像で紹介!

本島北部の穴場ビーチリゾート

本島の北部というと、美ら海水族館や古宇利島のある本部町、今帰仁村のあたりを思い浮かべる人が多いと思いますが、オクマビーチがあるのはさらにその上の国頭村というほぼ観光客が行かない場所になります。

那覇からも遠く、周りに目立った観光地も多くないため、有名な恩納村にあるリゾートビーチに比べて人が少なく、海外にでもいるような気持ちになります。

リゾートホテルのプライベートビーチ

観光客が訪れるようなビーチは、基本的に公営、または事業者によって管理されています。オクマビーチの場合、「オクマ プライベートビーチ & リゾート」というリゾートホテルがすぐ目の前にあり、そのホテルのプライベートビーチという名目になっています。

ただ、もちろん日帰りの利用(タオル付きビーチ使用料が必要)も可能で、駐車場もありますので、ホテルに宿泊することがなくても、プライベートビーチを楽しむことができます。

一度は味わってみたい沖縄のリゾートホテル

日帰り利用も可能なオクマビーチですが、やはり宿泊しながら楽しむのが一番のおすすめです。例えば、宿泊者のみ利用が可能なプールが目の前にあったり、タオルやビーチパラソル等、宿泊者は無料で貸し出されています。

その優越感だけで沖縄のリゾート感を十分に味わえますし、海やプールで泳ぐことがなくても、設置されたビーチチェアに横になり波の音を聞きながらのんびりした時間を過ごすのも最高です。

オクマビーチの楽しみ方

シュノーケリング、マリンスポーツ

ホテルにより適切に管理された海水浴場になりますので、安心してビーチ目の前の海でシュノーケリングを楽しむことができます。

また、オクマビーチではマリンスポーツも多数用意されており、予約が必要なアクティビティもありますので、できれば事前にチェックしておくことをおすすめします。

  • シュノーケリングツアー
  • マリンウォーカー
  • クルージング
  • ヨット
  • 他多数

詳細はこちら オクマプライベートビーチリゾート マリンスポーツ

マリンレンタル

ビーチといえばマリングッズのレンタルがあるか気になりますが、オクマビーチではレンタル用意されています。シュノーケル3点セット(シュノーケル、フィン、ライフジャケット)をはじめ、浮き輪やビーチチェアパラソルのレンタルも可能となっています。レンタルメニューはこちら オクマプライベートビーチ&リゾート レンタルメニュー一覧

オクマビーチでの食事、施設について

オクマビーチの目の前に食事ができるレストラン、自動販売機、トイレ等ひととおり施設・設備が揃っています。もちろん宿泊者以外の方も食事の利用可能ですが、宿泊者以外の方はレストランへのペットの同伴不可など、いくつか利用条件も異なるようなので、事前に確認することをおすすめします!

リゾートホテルのレストランと言っても全然高くありませんので、真っ白なオクマビーチを見ながら、のんびり食事するのもアリです!レストランメニューはこちら OASISランチメニュー

また、オクマビーチの周辺にコンビニが何店舗かあり食事を購入することもできます。オクマビーチから一番近いコンビニまで徒歩で10~15分になりますが、食事や飲み物を安く済ませたいという方は、そちらで買出しも可能です!

ちなみにオクマビーチ周辺にホテル以外の食事ができる飲食店は数少ないです。何もお店がないわけではありませんが、毎日営業している保障もないのであまり期待しないほうが良いかもしれません。オクマビーチで食事を考えている方は、事前に買っておくか、レストランの情報を調べておくほうが良いです。

基本情報、アクセス、地図

 

オクマビーチは真っ白な天然のビーチで人も少ないプライベートビーチですので、ぜひ一度立ち寄ってみてください!また、沖縄のリゾートホテルは決して安くはありませんが、その中でもオクマプライベートビーチ&リゾートは、とても満足できるコスパの良いホテルですので、こちらもおすすめです!

沖縄の本島北部には他にもおすすめのビーチがありますのでぜひこちらも確認してみてください!



返信を残す