真っ白な砂浜とブルーグリーンの海!ハテの浜特集 (1/2)

ハテの浜とは?

ハテの浜は、沖縄本島から西に約100kmにある離島・久米島の沖東5kmに浮かぶ無人島です。真っ白な砂浜とブルーグリーンの海がとてもキレイな絶景ビーチ、一度は行ってみたくなるような噂のある「ハテの浜」。

沖縄のビーチを追いかける僕としては、さすがに一度は行ってみなければなりません。ということで、2016年夏に初めて「ハテの浜」に行ってまいりました!

その過程で調べたことや感じたことなどをまとめましたので興味のある方はご覧ください。

ハテの浜
CIMG6987

 

「ハテの浜」とは、実は3つの無人島の総称

意外に知られていないのですが、よくインターネットや雑誌で見かける「ハテの浜」とは、実は3つの無人島の総称のことを言います。

つまり、正確には久米島に近い島から順に「メーヌ浜」、「ナカノ浜」、「ハテの浜」と呼ぶのが正しい呼び方です。

hatenohama02

 

ハテの浜への行き方は?

気になるハテの浜への行き方ですが、とても簡単です。久米島発のハテの浜ツアーに参加する、です。これ以外の方法はありません。その他に思いつくのは久米島在住の漁師を説得してボートをチャーターして行くくらいです。

どのツアーに参加してもハテの浜行きのボートは、久米島の泊フィッシャリーナという港から出発します。そして、ここからが違います。ツアーによって行き場所が異なります!

パターン① 泊フィッシャリーナ⇒ナカノ浜 (乗船時間 15~20分程度)
パターン② 泊フィッシャリーナ⇒ハテの浜 (乗船時間 25~30分程度)

hatenohama03

この事実を知った時は、かなり迷いました。どちらの島に行くツアーを選べば良いのか・・・。そして、出した答え、今回僕が行ってきたのは、

一番奥にある島、「ハテの浜

です。とにかく行ってみなけりゃ分からん!ってことで、一番「ハテの浜」っぽい、一番遠くにある「ハテの浜」に行ってまいりました。なので、以降で紹介する内容は全てパターン②の「ハテの浜」のことです。(紛らわしい文章・・)

 

一番奥の「ハテの浜」に行くには、どのツアーを選べばいいの?

「私はナカノ浜に行きたいの!!」って人はしばらくご辛抱を。一番奥の「ハテの浜」に行くツアーですが、とても簡単です。イーフスポーツクラブさんのツアーに参加してください。「ハテの浜」に行くツアーは、ココしかありません。本当です。この島に連れてってもらった時、周りを見渡してもこのツアーのボートしか着岸していませんから。一番奥の一番大きな無人島を貸切状態です。

イーフスポーツクラブ  はての浜ツアープラン
http://www.aqua-navi.com/hate-no-hama/

 

ハテの浜ツアーの相場は?

2016年8月にハテの浜に行った時に比較した時の価格です!その後変わっている可能性あるのでご了承ください。インターネット中を調べ周りましたが、これ以外は見つかりませんでした。後は、漁師のボートのチャーターで料金は高額でした。

※大人一名の料金

久米島エスコートツアー
半日コース : 3000円、 1日コース : 4500円

久米島マリンスポーツクラブ
半日コース : 3500円、 1日コース : 4000円

はての浜観光サービス
半日コース : 3500円、 1日コース : 4500円

イーフスポーツクラブ
半日コース : 6000円、 1日コース : なし

アイランドエキスパート久米島
半日コース : 3500円、 1日コース : 4500円

久米島海洋レジャー
半日コース : 3500円、 1日コース : 4000円

ロイヤルマリン
コース : 6000円 (半日 or 1日)

※それぞれランチが付いていたり、ライフジャケット料金込だったり、いろいろ条件が異なります。詳細は、くめじま情報のサイトをご覧下さい。

 

んで、「ハテの浜」はどうだったの?キレイだったの?

結論から言うと、想像していた以上に素晴らしい景色でした。行って良かったと素直に感じました。でも、そのあたりのWebサイトの謳い文句、「東洋一の美しさ!」とか「まるで天国!」は、さすがに言いすぎです・・・。

そろそろ手が疲れてきたので、撮影してきた写真を掲載。続きは、「ついに行ってきました、ハテの浜!ハテの浜特集 (2/2)」に譲ります。

上陸直後。雲ひとつない快晴。運が良かったです。
CIMG6964

真っ白な砂浜を歩く二人。
CIMG6959

干潮時なので少し岩が出ています
CIMG6978

違う角度の写真
CIMG6986

ツアー客の安全を守るイーフスポーツクラブの人。
20160815_021745000_iOS

泳ぐツアー客のために沖で監視しようとするイーフスポーツクラブの人。
CIMG6956

真正面から撮ってみたり
CIMG6998

ナナメから撮ってみたり。
CIMG7000

イーフスポーツクラブさんのレンタルパラソルたち
20160815_012119001_iOS

帰路。桟橋はないので、ボートの先のハシゴで乗船。
20160815_041939197_iOS

 

まとめ

ハテの浜特集 その1は、ハテの浜に関する情報、行き方やツアー価格の相場について記載しました。僕自身は、ツアーを探すだけでも数時間かなり迷いました。どのツアーがどの島に行くのかを調べたり、費用はどのくらいか等を比較するのに結構時間がかかりました。次回(その2)は、ハテの浜の裏事情も含めて、まとめて整理します。

真っ白な砂浜とブルーグリーンの海!ハテの浜特集 (2/2)

 

 

ファイル・ロケーション: OKINAWA

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。