沖縄の離島ビーチ、大泊ビーチ!駐車場、更衣室・シャワー、シュノーケルレンタルは?

伊計島の大泊ビーチは、本島の東海岸側の離島ですが、海中道路や橋で本島に繋がっているため、車やバイクで行くことができます。

沖縄を旅行していると、よく「伊計島おすすめですよ!」と勧められることがあったので、ついに行ってきました。

大泊ビーチについてまとめてみましたので、ぜひご覧ください!



大泊ビーチの魅力を画像で紹介!

本島の東海岸の天然ビーチ

本島の東海岸は季節問わずに風が強い印象で、海水が濁っていたことが多く、シュノーケリングをするなら西海岸や湾になっているビーチをおすすめしています。ただ東海岸にある伊の計島のビーチだけはおすすめしています。大泊ビーチは、旅行者で賑わっているというより、のどかな田舎のビーチという感じです。

大泊ビーチのすぐ近くの伊計ビーチもそうですが、伊計島の中でも西側(本島側)に位置するため、風の影響が割と少ないのかもしれません

シュノーケリングにおすすめのビーチ

大泊ビーチは、遠浅ではなく、少し泳ぐともう足が付かなくなるようなビーチです。そのため、シュノーケリングで海草やサンゴもそれなりに生息していて、お魚もたくさん見ることができます。

ビーチは結構広めで600メートルもあります。恩納村などのリゾートエリアのビーチと異なり、東海岸のビーチなので、割と穴場な方ですが、夏の混雑期でものんびりとシュノーケリングが楽しめます。

シャワー、更衣室、トイレ有り

大泊ビーチは、沖縄本島から海中道路を経て2つの離島を渡った先にあるため、バスやタクシーだと行きづらく、やはりレンタカーやバイクで行くことになると思います。

大泊ビーチを利用する場合、施設利用料を人数分支払うよう駐車場入口で促されますが、更衣室やシャワー、トイレも使い放題なので、日帰りで海水浴も十分に楽しめます。

大泊ビーチの楽しみ方

海水浴、シュノーケリング

監視員のいる海水浴場でシュノーケリングをする時、ライフジャケット着用を義務としているビーチもたくさんあります。大泊ビーチでは監視員はいましたが、特に指示されることもなかったので、ライフジャケットは義務ではないようです。

ただ、大泊ビーチは、遠浅のビーチではなく、干潮時でもすぐ足が付かなくなるくらいそれなりに深いため、出来る限りライフジャケット着用をおすすめします。(ライフジャケットの有料レンタル有)

この日は雨上がりで海水が多少濁っていましたが、その割に透明でキレイだったので、たくさんの魚やサンゴの写真を撮りました。しましまのおさかな。名前は分からないけど、かわいいね!

キャンプ、バーベキュー、ダイビング、等

大泊ビーチでは、テントによるキャンプ(貸しテント有り)、バーベキュー等も可能なようです。バーベキュー機材のレンタルもできるようなので、事前に詳細を確認することをおすすめします。大泊ビーチ バーベキュー、キャンプ料金表

大泊ビーチの駐車場、設備、食事

施設利用料(駐車料金込み)で駐車場利用可

大泊ビーチは、駐車場利用の有無にかかわらず、人数分の施設利用料が必要となります。

  • 大人一人 500円
  • 子供一人(中学生以上) 500円
  • 子供一人(小学生以下) 300円

上記、施設利用料の中に駐車料金も含まれているため、駐車場料金が別途かかることはありません。駐車場は、ビーチすぐ目の前のスペースにあります。利用可能台数は、正確には分かりませんでしたが、100台近くあったかな、と思います。不安な方は事前に問合せることをおすすめします!

更衣室、シャワーも利用可

シャワールームの様子です。屋外にも無料で使えるシャワーがありました。施設利用料の中に、更衣室、シャワーの利用料金も含まれているため、これらを自由に使うことができます。

海の家(パーラー)、自動販売機

海の家がありまして、食事やシュノーケルやその他のマリングッズのレンタルもできるので、荷物なしで日帰り海水浴も可能です。海水パンツのレンタルもありました笑。大泊ビーチ レンタル料金表

海の家のすぐ横にトイレや自動販売機も備え付けられており、トイレや飲み物に困ることはありません。ただお酒を飲んだら、海には入らないように気をつけましょう。

大泊ビーチへのアクセス・地図について

基本情報、アクセス、地図

  • 住所 : 沖縄県うるま市与那城伊計1012番地
  • 電話番号:098-977-8027
  • ウェブサイト:大泊(おおどまり)ビーチ ウェブサイト
  • 営業時間:詳細はウェブサイト
  • 設備:防護ネット、監視員、トイレ、シャワー、海の家
  • 施設利用料:大人1名 500円、子供(中学生以上) 500円、子供(小学生以下) 300円



返信を残す